子供の身長

子供の身長が伸びないのは病気なのか?お悩みママさんへ解説!

2017/09/23

身長が伸びない病気

子供の身長が伸びないのは病気なのではないか、と悩んでいるママさんも多いかと思います。大人になってから身長が伸びなくなるのは当然のことですが、育ち盛りの子供のうちから「うちの子だけ周りの子より成長が遅い気がする」というのは気分がいいものではないですよね。

これを最後まで読んでいただいた方は、病気で身長が伸び悩んでいるのか否か、正しい知識を身につけられていることかと思います。




1. 身長が伸びないのが病気か見分ける方法とは

身長が伸びない原因が病気なのか簡易的に見分ける方法としては、SDスコアと呼ばれる標準偏差を利用する方法があります。標準偏差は年齢や性別によって異なるためすべてをご紹介はできないのですが、男児(男性)ならば約6、女児(女性)ならば約5.5という数値を使うことで、簡易的に計算を行うことができます。

この標準偏差を使い病気で身長が伸びないのか確かめるためには、式に当てはめて数値が-2SD以下か大きいかを計算します。その際に使う式が「(今の身長-平均身長)÷XSD」であり、Xに年齢と性別に応じた標準偏差を入れることで、より正確に計算を行うことができます。ここで-2SD以下の数値が出てしまうと、病気で身長が伸びない可能性が高くなっているのです。

例えば10歳の男児の場合、平均身長は138.8cm、標準偏差は6.21です。もしお子様の身長が125.0cmの場合は式に当てはめると「(125-138.8)÷6.21SD」ですので、約-2.22SDで身長が伸びないのは病気が原因である可能性が出てくるということです。

またこの計算式では-2SDより大きい数値が出ても、育ち盛りの小学生の時には特に、1年の身長の伸びが3~4cm以下であるのが続く場合には、病気で身長が伸びない可能性が出てきます。

2. 病気で身長が伸びない可能性があったらどうすべきか

標準偏差の式に当てはめた結果やここ数年の身長の伸びが明らかにおかしな場合、病気で身長が伸びない可能性が疑われていますよね。その場合には、まず医療機関にて本当に病的なものなのか、もしくは一時的なものなのか、しっかりとした診察を受けるべきだと思います。

身長が伸びない原因が病気にある場合、我々素人が自宅であれこれ試したところで解決しないような難病である可能性すらあるのです。例えば難病とされるプラダー・ウィリー症候群。これは生後すぐにわかることなので、医師やママさんの見落としがなければほぼ乳児期に発覚します。

ですが、この病気であるのがわかっている、もしくは見落としているのに自宅であれこれ試そうとしても、身長が伸びない原因は病気ですので取り除くことはできないのです。何もしないよりはマシですが、身長を伸ばしたいという願望を十分に叶えることはできないのが現状です。

そのため病気の疑いがあるのならば、しっかりとした診察を受け病気ならば治療を、病気でないならばその他の方法を模索すべきなのです。

3. 病気が原因で身長が伸びないときの薬とは

診察の結果、どのような病気で身長が伸びないとされたのかにもよって治療法や投与する薬も異なってきますが、多くの場合に「身長を伸ばすため」利用されるのは『成長ホルモン』が含まれた注射です。

もちろん医師から診察を受けた結果、本当に病気であるか否かが判明するため、身長が伸びないのは病気が原因とされた場合には、どのような病気であるのか、どうしてその薬を使う必要があるのかしっかりと説明があります。

今回は、もしもお子様が病気で身長が伸びないとされてしまった場合に使われる成長ホルモンを含んだ注射がどれくらいの費用を要するのか、副作用はどのようなものがあるのかお話ししておきます。

まず費用のお話から。成長ホルモンを含んだ注射を病気で身長が伸びない時に利用する場合、通常ですと月に8万円ほど必要になります。ここから高額医療費控除や医療費助成制度を適用し、月々の負担が減る可能性があります。

ですが、制度を利用するためには適用される場合であっても自己申告しない限りは勝手に適用などしてくれないのです。そのため、身長が伸びないのが病気であるとわかった場合には、どのような制度でどこに申告すべきなのか、対象の病気であるのか、しっかりと調査をする必要があります。

そして気になるのが副作用ですよね。病気で身長が伸びないと診断されてしまい、どうしても成長ホルモンの注射をして身長を伸ばした方がよいとされた場合、副作用としては軽いものだと頭痛や吐き気ですが、重いものだと視力が急激に落ちてしまうこともあります。

また成長ホルモンの注射には、身長を伸ばすという目的以外にも、不足している成長ホルモンを補うことで肥満を防いだり糖尿病になりやすくなるのを防いだりする効果があります。そのため、病気で身長が伸びないから身長を伸ばそうという理由のみで注射をするのではないのですね。

4. 身長が伸びないけど病気ではなかった時には?

身長が伸びない原因が病気ではなかった場合には、食生活と運動といった生活習慣の改善で身長が伸びやすくなるというデータがあります。これは成長期である子供だからこそできることであり、成長期が終わった大人では身長を伸ばすことは難しくなってしまいます。

お子様であれば、ママさんの手料理を食べることの方が多いかと思いますが、病気でないのに身長が伸びない場合によくあるのが、食事の栄養バランスが悪いことです。作るのが面倒だからほとんど毎食冷凍食品、また外で好きなものを勝手に食べて済ませてしまっても怒らない、というのは危険信号。栄養バランスが悪くなる兆候といえます。

身長が伸びない原因が病気ではないのですから、ママさんがしっかりと栄養を管理し食育をすることも、また一つの教育です。いくら好きなお菓子でも食べすぎはダメ、栄養バランスを考えない外食のしすぎやさせすぎもダメ。何でもかんでもダメダメだとストレスになってしまいますが、バランスを考えて「これはダメ」というのを学ばせるのが大切だと思います。

また昨今では、外で遊ぶよりも家でゲームをして遊んでしまうことが多くなりがちです。身長が伸びないのは病気が原因であるのならば話は変わるでしょうが、そうでないのならば運動も必要不可欠です。学校で行われる体育の授業だけでは、到底足りないのが現実です。

一緒に近所をランニングしたり、プールでウォーキングしたり、お子様だけに強制させるのではなく「一緒にやろう」と親も協力するという姿勢を見せれば、お子様もやる気を出してくれやすいと思いますよ。

おわりに

子供の身長が伸びないのが病気である可能性もあるため、まずはSDスコアを使った計算を行うことで、簡易的に病的なものなのか否かを判断することができるのですね。病気であった場合には医療機関にかかり医師の診断と治療方針に従い、病気でなかった場合には生活習慣の改善で身長が伸びる可能性が十分にあります。

早ければ早いほど対処はしやすいため、疑いがあるのならば早めに芽を摘んでおくことが大切だと思います。


-子供の身長