身長を伸ばす方法

背が伸びない理由は生活習慣にあり?今日から始める低身長対策!

背が伸びない理由

低身長で悩まれている方は、背が伸びない理由について考えたことはありますか。実は、平均よりもひどく身長が伸び悩んでしまう場合、それはほとんどのケースである問題が原因となっているのです。

さまざまなケースは存在しますが、この記事を最後まで読んでいただいた方は、今日からでも始めることのできる低身長への対策を知っていただけていることと思います。

1. 背が伸びない理由【成人編】

そもそも成人は、既に「自然」に伸びる時期を過ぎてしまっているため、身長が自然に伸びることはない、と言い切れるほどに身長が伸びることはないのです。それが根本的な背が伸びない理由であり、病気や遺伝、食事などの問題でもないのです。

もちろん、人間には個人差があるため、人によっては20歳を過ぎてからも身長が伸びることはあります。ですが、その人であっても髪の毛のように死ぬまで永遠に身長が伸び続けるわけではありませんし、「成長期」が過ぎているという背が伸びない理由に代わりはないと言えます。

そのため、成人になってからは男女問わず、背が伸びない理由というのはほとんどが「成長期が終わっているから」というごく単純な理由なのです。しかしながら、それでも背を伸ばしたい、という方が低身長に対する対策を考えているはずです。背が伸びない理由と背が伸ばせていない結果として矛盾するようですが、実はまだ望みはあるのです。気を落とさず、この先にあるお話しに目を通していただければと思います。

2. 背が伸びない理由【子ども編】

成人と違って子どもは、まだまだ成長期。もちろん、成人とも背が伸びない理由というのは異なってきます。成人していない場合でも、やはり個人差があるため成長期が終わるのが早い子、遅い子がいるのは確かです。しかしながら、平均的には男女ともに15~18歳程度で成長期が終わります。つまり、成長期が終わるのはおおよそ高校生の年齢前後と言えます。

それにもかかわらず、まだまだ小さなうちから背が伸びない。「うちの子だけかしら」と、周りの子と比べても、平均身長を見ても、低身長で悩むこともあるはずです。そのような時に考えられる背が伸びない理由というのは、その多くが「生活習慣」に問題を抱えているのです。

よくあるケースが、習い事や塾で寝不足気味な子どもです。背を伸ばすためにも必要な成長ホルモンは、睡眠時に分泌されます。寝不足気味で、しっかりとした深い睡眠を取れていない子どもは、その寝不足という生活習慣のせいで背が伸びない理由を作ってしまっているのです。

3. 背が伸びない理由を踏まえた低身長対策【成人編】

成人の場合は、既に成長期を終えてしまっているが故に背が伸びない理由という結果が存在する、というお話しをしました。では、低身長で悩む成人は打つ手なしかと言えば、そんなことはないのです。もちろん限度はありますが、背が伸びる余地は十分にあります。

成人の背が伸びない理由というのが成長期を終えてしまったことであるならば、成長期を終えても身長が伸びる方法を採ればいいまでのことです。実に合理的な判断であると思いませんか。ですが、それがなかなかできないから困っていらっしゃるのも十分承知です。そこで今回は、成人でも背が伸びない理由が成長期を終えてしまったことであれば背が伸ばせる方法を紹介します。

それは、実に簡単。今日から始めて早い段階で効果が出る方もいらっしゃると思います。「姿勢を正す」ことです。厳密に言うと身長は伸びていませんが、例えば同じ身長でも猫背の人とガードマンのようにピンと立っている人、どちらの方が身長は高く見えるかはおわかりかと思います。当然、後者です。そのため、成長期が終わったことにより背が伸びない理由につながっている成人なのであれば、まずは姿勢を正すことで見た目から本当の身長程度に見てもらうことも、自分で感じることもできるのです。

問題は背が伸びない理由が、成長期が終わったことでなく、子どものころを含め病気にある場合です。背が伸びにくいという病気にかかってしまっている場合、これは成長期の間に適切な治療を施し治すか、一生ものの病気としてつきあっていかないといけなくなってしまいます。もしも、明らかに平均身長にも届かず、背が伸びない理由は成長の障害にあるのではないかと思ったのであれば、医療機関で診察を受けるといいですね。

病気ではないのならば、姿勢の問題や毎日の運動として鉄棒へのぶら下がりをしてみる、骨格の矯正を受けることなどで、低身長への対策となるケースが多いです。

4. 背が伸びない理由を踏まえた低身長対策【子ども編】

子どもの場合は、成人と違って成長期まっただ中のことが多いです。もちろん、背が伸びない理由でお話ししたように、個人差によってより早い時期に身長が伸びなくなるケースは存在します。ただし、それは成長期という観点で言えば単なる個人差であり、気にする必要はあまりないのです。

ですが、平均身長よりも明らかに低く、かつ明らかに体は成長途上のはずなのに身長だけ伸びなくなった、というような場合には、早急に医療機関で相談をされるべきです。ここで相談をしておけば、ある程度改善の余地もありますが、放置すると成長期もおわり、背が伸びない理由を増やしてしまいます。

また、そういった異常事態がなくとも、特にいけないのが浅い睡眠です。睡眠不足はもちろん、睡眠時間を十分に確保していても、深い眠りにつけていなければ、背が伸びない理由になってしまっているのです。というのも、身長を伸ばすためにも必要となる成長ホルモンは、「深い眠り」についている時に分泌されます。浅い眠りの時には分泌されないのです。よく、22時~翌2時の時間帯は必ず睡眠時間に入れるべき、などとされていますが、その時間にこだわりすぎる必要もないと言えます。

もちろん、その時間帯を含めるように寝て、睡眠不足を解消するというのも成長を促すという観点で言えば間違ってはいないのですが、その時間帯を含めようとも浅い眠りで朝まで過ごしてしまったら、成長ホルモンは分泌されず、背が伸びない理由になってしまっているのです。

食事の面でも気をつけなければならないことはたくさんありますが、今日からでもすぐできるのは、安眠できる環境を整え深い睡眠を取ることです。うたた寝のような状態では身長は伸びないため、ぐっすりと眠れるよう静かで眠りやすい環境を作っていくことが低身長への対策として大切です。

おわりに

いかがでしたか。子どもと成人では、背が伸びない理由からまったく違うことがわかりました。成人は成長期が終わっているため、子どもは成長ホルモンがうまく分泌できていないため、ということがほとんどなのです。

低身長への対策として大切なのは、子どものころに成長ホルモンをしっかり出し、大人になったら姿勢をしっかり保つことです。これだけで、今日からでも、低身長への対策をとっていくことができるというわけですね。


-身長を伸ばす方法