身長を伸ばす方法

成長ホルモンを出して身長を伸ばそう!コツは規則正しい生活!

2017/03/26

成長ホルモン 身長

食事には気を使っているし、本人も元気よく外で遊んでいるのに、子供の身長がなかなか伸びない。そんな悩みを抱えているご両親に確認です。

脳が出す成長ホルモンが身長に与える影響をご存知ですか?この成長ホルモンがしっかり分泌されていないと、いくらがんばっても身長は伸びにくくなってしまいます。ここでは、成長ホルモンを出して身長をどんどん伸ばす方法をご案内します。

1. 成長ホルモンは身長の伸びを促進する!

成長ホルモンは、脳で合成・分泌される物質です。身長を伸ばす、つまり骨や筋肉を成長させるのに加え、代謝を促進する作用も持っています。そのため、肉体の修復や疲労回復にも大きな効果があるのです。健康的な生活を送るためには欠かせないということですね。

もちろん、成長ホルモンさえ出ていれば身長が伸びるというわけではありません。体の成長には、栄養状態や運動など、様々な要因が関わってきます。それらの条件が整った上で、最終的に体の成長を促してくれるのが成長ホルモンなのです。

また、成長ホルモンと並んで身長に関わる物質として、メラトニンというものがあります。これは肉体の成熟を抑える役割を持っており、子供の頃は分泌量が多く、減少すると思春期が始まります。思春期の始まりが遅い方が最終的な身長は高くなると言われるので、できるだけたくさん出ていた方がいいわけです。

2. 成長ホルモンで身長を伸ばすカギは深い眠り!

成長ホルモンは、睡眠中に分泌されます。では身長を伸ばすには、とにかく長時間眠ればいいのでしょうか? いえいえ、ちゃんと分泌のタイミングがあるのです。睡眠中は脳が活動している浅い眠りと、脳も休んでいる深い眠りが交互にやって来ます。そして、成長ホルモンが多く分泌されるのは深い眠りの間。特に、眠りについてから2~3時間後が最も深く眠っています。ですから、この間にしっかり眠ることが重要なのです。

ちなみに、睡眠のゴールデンタイムというものを聞いたことはありませんか? 午後10時から午前2時までの間は、最も成長ホルモンの分泌が活発になるので、その間に睡眠を取った方がよいという説です。少し前までは、成長ホルモンを出して身長を伸ばす方法の基本のように言われていました。

しかし近年では、この説は誤りであったとされています。あくまでも重要なのは、眠りに落ちてから最初の2~3時間にぐっすり眠ること。いつ眠るかは大して関係ないということがわかってきたのです。こういった情報は日々更新されていますから、しっかりとチェックしておきましょう。

3. 成長ホルモンで身長を伸ばすには規則正しい生活を!

では、実際に成長ホルモンを出して身長を伸ばすには、どのような睡眠が効果的なのでしょうか。ぐっすり眠るということは、体に余計な仕事をさせず、刺激も与えないということ。つまり寝る前の準備が大切なのです。

まず、できる限り避けた方がいいのがカフェインとアルコール。どちらも睡眠の妨げになります。また、胃の中にものが残っていると消化器官は働き続けるので、ぐっすり眠れません。夕食は就寝の3時間前までにはすませ、その後はせいぜいノンカフェインの飲み物程度に抑えておきましょう。

さらに、就寝の1時間前からは強い光を避けます。テレビやパソコンはこの時間まで。布団の中でスマホをいじるなど、もってのほかです。また、お風呂や軽い運動は睡眠の質を高めてくれますが、これも1時間前までに終えましょう。体がほてったままだと、かえって眠りにくくなります。

これだけのスケジューリングはかなり大変ですが、成長ホルモンを出して身長を伸ばすためには避けて通れません。不規則な生活は、成長ホルモンだけでなくメラトニンの分泌も妨げてしまいます。しっかり自己管理することが大切です。

4. 成長ホルモンが出ない! 身長が伸びない人の治療

さて、ここまでは成長ホルモンを出して身長を伸ばす一般的な方法を紹介してきました。しかし次はやや特殊なケース。何らかの原因で成長ホルモンの分泌が少なく、身長が伸び悩んでいる人の話です。

このような症状を、成長ホルモン分泌不全性低身長症と呼びます。患者の5%ほどは、脳腫瘍が原因であるとされています。しかし多くの場合、原因ははっきりしません。

基本的な治療法は、成長ホルモンの注射による投与です。かつては病院に定期通院して打ってもらうのが主流でした。しかし現在では、専用の注射器を使って自分で打つことが可能になっています。糖尿病のお子さんがインスリンを注射するのと同じですね。

その他、低身長の原因は色々ありますが、多くのケースに対して成長ホルモンの投与は効果が見込めます。また、治療はできる限り早いうちに始めた方が効果的です。お子さんの身長がやけに低いと感じたら、専門の病院で診察を受けるようにしましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。成長ホルモンは、身長を伸ばすのに必要不可欠なもの。寝ているうちに勝手に出ていますが、とても重要な働きをしているんですね。どんどん出して身長を伸ばそうと思ったら、意識的に生活リズムを整える必要があります。

また、成長ホルモンは身長の伸びだけではなく、新陳代謝にも関わっていることを忘れてはいけません。大人にとっても重要な物質ですから、お子さんと一緒に生活リズムを改善してみましょう。


-身長を伸ばす方法