身長を伸ばす方法

身長を伸ばす最新情報!簡単で効率的な時間利用とは!?

身長 伸ばす 最新

低身長でお悩みの方で、いつまでも昔手に入れた身長を伸ばす方法ばかりを続けていることはないですか。いつまでも同じ方法を続けていると、最近の技術や最新情報で伸ばせるはずの数センチに悩んでしまうかもしれないです。

この記事を最後まで読んでいただいた方は、効率的な時間利用ができる情報を理解していただけていることと思います。




1. 身長を伸ばす最新情報があるって本当?

身長を伸ばす方法についての最新情報は、あなたが今持っている情報をいつ手に入れたかにもよりますが、多くの場合に日々更新され続けます。もちろん、本当に毎日我々の目に触れる形で新発見や新情報が出てくるわけではありませんが、それでも研究は少しずつでも進歩していっているのです。

つまり、昨日よりは今日、今日よりは明日のほうが、身長を伸ばす方法について研究は進んでいる可能性が高く、最新情報が更新されやすいというのが特徴的なのです。情報を一度手に入れ効果があったからと満足せず、新しい研究成果でさらに身長を伸ばすことができないか、こまめに最新情報をチェックすることを欠かしてはもったいないと言えます。

2. 身長を伸ばす最新常識【牛乳摂取の意味は薄い】

身長を伸ばすための最新常識としてまず正しておきたいのが、よく「身長を伸ばすならば牛乳、特に子供の頃には進んで飲むべき」というところです。大多数の人が「え?それって間違ってるの?」という認識なのではないかと思います。

確かに牛乳には、カルシウムが多く含まれています。ですが、身長を伸ばすという観点からすると、あまりカルシウムは重要でないというのが最新常識なのです。では、カルシウムは何に効果があるのか。それは、骨を強化することにあります。骨の強度を上げるためにカルシウムが有効であるだけで、高身長に繋がるよう骨を伸ばす効果はない、ということなのですね。

ならば、牛乳など摂取する意味がないというと、それは間違っています。確かに、身長を伸ばすという観点だけで言えば、牛乳を摂取するだけでは意味がないというのが最新常識です。ただし、あくまでもそういった観点『だけ』でのお話。実際に生活する上でも、成長する上でも、カルシウムは欠かすことのできない栄養素の一つであるため、牛乳を摂取することが無駄になっているというわけではないのです。

あくまでも『身長を伸ばす』という事柄では直結した意味がない、ということにすぎないため、カルシウムを摂取しやすい牛乳を適度に飲むのはそのまま続けるべきである、というのが最新常識になっていますね。

3. 身長を伸ばす最新常識【決まった睡眠時間はない】

身長を伸ばすテクニックとしてよく紹介されているのが、睡眠をしっかりと取ることかと思います。確かに、睡眠は大切です。睡眠を取らないと、正常に成長ホルモンが分泌しないため、伸び悩みやすいというのが以前からの常識でした。ですが、実は決められた時間に決められた時間寝ると良い、ということがないというのが最新常識なのです。

以前から身長を伸ばすテクニックとして紹介されることが多いのは、夜の10時~翌2時に成長ホルモンが出やすいのでこの時間をまたいで寝ると良い、1日8時間、90分周期で寝ると良い、と言われていることが多いです。しかし、最新常識ではこれが否定されているのです。

まず、身長を伸ばすテクニックとしてよく言われている睡眠時間についてお話いたします。以前の常識では、1日の睡眠時間は8時間がベストとよく言われていましたが、最新の常識では日本人の平均睡眠時間を鑑み、「睡眠時間の多さは気にする必要なし」とされています。

というのも、日本人の平均睡眠時版は意外と短く、平均6~8時間未満となっている現状があります。もちろん、極端に短すぎる睡眠が続くことは身長を伸ばすために必要な睡眠時間として影響が大ですが、毎日きっちり8時間を無理に確保する必要はないといえるのです。

そして、睡眠時間で身長を伸ばすテクニックとしてよく使われるものに、レム睡眠とノンレム睡眠の周期が90分ごとであるので、90分単位で睡眠をとると良いと言われます。これも、最新の常識では否定されています。確かに、レム睡眠とノンレム睡眠の周期があるというのは間違いではなかったのですが、必ずしも90分単位とは限らなかったのです。

そのため、最新の身長を伸ばすテクニックを考えるのであれば、やはり睡眠時間にこだわりなく、目覚めがスッキリする自分なりのタイミングで起き、一日を快適に過ごせるようにすれば良いと考えられているのです。

最新の常識の観点から見ると、今まで常識とされていたテクニックは意外にも間違っていることが多いことがわかります。ですが、牛乳のケースと同じく、睡眠が不要ということでなく、睡眠の取り方に新しい研究成果が出ているものですので、低身長で悩んでおり身長を少しでも伸ばすことを少しでも考えるのであれば、睡眠のこともしっかりと考える必要があるのです。

4. 身長を伸ばす最新常識【運動方法によって低身長に?】

身長を伸ばすための最新常識の最後に、運動方法によっては逆に伸び悩みが発生するということをお話しておきたいと思います。運動をすることは、高身長を目指す上で大切な要素の一つであることには違いないのですが、一歩間違えると伸び悩みを発生させてしまうこともあるのです。

その理由が、摂取した栄養と消費する栄養の量にあります。以前の常識では、単純に運動を推奨することが多かったのですが、最新の常識ではそれが否定されています。何故かと言うと、摂取した栄養より運動により消費する栄養のほうが多いと、身長を伸ばすために必要な栄養が不足してしまうからです。

言われてみれば当然のことですよね。簡単に例えてしまうと、栄養を100摂取した時、生命維持に必要な栄養が50、運動で消費する栄養が30、身長を伸ばすために必要な栄養が20あれば身長を伸ばせるはずです。ですが、同じ条件で運動に消費する栄養が60あったら、その時点で-10となり栄養不足に陥ってしまいます。つまり、最新の常識の観点から見ると、身長を伸ばすために必要な栄養がない運動をしてしまっているのです。

この例は大げさな例に過ぎませんが、運動のしすぎや時間が短くても身体への負荷が高すぎる運動は、このような状態に陥りやすいのです。これを防ぐためには、運動のメニューを考えるか、高負荷の運動をするのであれば多くの栄養を摂るという、最新の常識を念頭に置き行動する必要があります。

おわりに

いかがでしたか。今まで常識のように思われていた身長を伸ばすテクニックでしたが、最新の研究結果を踏まえて見直すと、意外にも間違っている部分が多いことがわかりました。しかし、それも一部を否定するものばかりであり、根本的な考え方は間違っていないものが多い印象があります。

低身長でお悩みの方は今ある情報だけに惑わされず、常に最新の情報に目を配り、伸ばすテクニックを身に着けていただければと思います。


-身長を伸ばす方法