身長を伸ばす方法

身長を伸ばす方法のストレッチとは!?

2017/09/23

身長 伸ばす方法 ストレッチ

ストレッチには、成長ホルモンを分泌し古い細胞が新しい細胞へと入れ替わる新陳代謝を促進させる効果と、血液の循環を促し老廃物を排出し、生命を維持していくために最小限必要な基礎代謝をアップする効果があります。

ストレッチは身長を伸ばす方法のひとつとして有効なのです。




1. ストレッチの効果と呼吸法

身体が硬いということは、筋肉が硬く老廃物が身体の中に残っている状態です。リンパの流れや血液の流れを低下させてしまっているのです。

ストレッチすることで、身体を柔らかくし、筋肉も柔らかくすることでリンパや血液の流れを改善し全身への栄養を供給することが身長を伸ばす方法へつながるのです。

ストレッチを行う際は、呼吸法も大切となります。呼吸には呼気と吸気があり、呼気時には副交感神経が吸気時には交感神経の働きが優位になります。

呼気時にストレッチすることで、副交感神経の働きが更に高まり筋肉が最大限に緩みます。この緩みが、身長を伸ばす方法のストレッチの中で大切なのです。

このように呼吸は、自律神経に大きくかかわってきます。リラックスしているときは、大きくゆっくりと呼吸します。このときに副交感神経が働き、脳へも十分な酸素を送ることができます。

脳へ十分な酸素が送り出されると、身体が成長する指令を出す効果が期待できるため身長を伸ばす方法として、ストレッチに注目が向けられているのです。

2. ストレッチの効果と睡眠

ストレッチは身体が温まった状態で行うことで、血液の循環がさらによくなり筋肉や内臓に溜まった疲労が排出されます。

また、身体が温まると筋肉を伸ばすのにも最も有効といわれます。身長を伸ばす方法として、入浴後のストレッチも効果的です。質のよい睡眠をとるためにも、入浴後のストレッチを取り入れていくと良いとされます。

睡眠中には、成長ホルモンの分泌を高める効果があります。睡眠中の身体は、最もリラックスした状態といわれ副交感神経の働きが高まっています。睡眠前にうまくストレッチを取り入れることで、身長を伸ばす方法となるのです。

成長ホルモンの分泌は、骨の成長も高めていきます。このときに、筋肉が硬い状態にあると骨の成長を妨げてしまうのです。結合組織といわれる靭帯や腱・筋肉の柔軟性を引き出し、血液の循環をよくして疲労物質を排出することで、筋肉の緊張を和らげてあげることが大切です。

これは、体内時計での22時~2時の間に行われる身体の回復です。この時間に、リラックスできていることが大切なのです。1日の終わりにストレッチを行うことでの、心身のリラクゼーションが身長が伸びる方法へとつながっていくと考えられます。

3. ストレッチの効果と姿勢改善

姿勢の悪さや自分自身の身体の癖で、筋肉は常に緊張した状態に置かれています。長時間同じ姿勢で過ごすと、筋肉が硬くなり疲れを溜めやすい状態となってしまいます。ストレッチを取り入れ筋肉をほぐしてあげることが必要となります。

栄養素や酸素・体温などは、筋肉の中を通り身体の隅々まで運ばれていきます。筋肉がポンプのように働くことで、栄養素や酸素がエネルギーへと変わっていきます。不良姿勢では、この筋ポンプの作用がうまく活用できません。

まずは身体を支える大切な骨である、骨盤の周りをしっかり整えることが大切です。骨盤のゆがみを整えるための方法としてストレッチを行うと、背骨が伸び身長が伸びる方法となるのです。

姿勢の悪さは、内臓への負担が大きくなってきます。内臓が本来の位置に保たれず、その働きが低下するのです。内臓の働きが悪くなると、消化と吸収のバランスが崩れ、血流が低下し血行不良が助長され代謝しにくくなります。

その結果、脂肪が燃やされにくくなり肥満へとつながってしまうのです。ストレッチを行うことで、姿勢が改善し自然と内臓も元の位置に戻され身長を伸ばす方法として有効となります。

また太ももの筋肉が緊張すると、姿勢が崩れるともいわれています。これは、太ももと骨盤の筋肉がつながっているからです。ストレッチでは、太ももの筋肉をほぐしてあげることも忘れてはいけません。

4. ストレッチの効果をさらに高めよう

柔軟性を高めるためには、ストレッチは欠かすことができません。食事の面から、サポートすることも必要不可欠です。

たんぱく質は細胞を作り、骨や筋肉を伸ばします。身体の硬さは、筋肉の硬さや強さに関係があるといわれています。良質のたんぱく質を摂取することで、筋肉のバランスを整えてストレッチに取り組むべきなのです。

身体のバランスが整えば、身長を伸ばす方法として、ストレッチの効果が発揮されるのです。たんぱく質が不足すると、その不足を内臓や筋肉から分解して補おうと身体が働くため、筋肉全体の量が減少し、血液循環の低下・代謝の低下などの悪循環が起こってしまうことも考えられます。

食生活に関しては、夜の食事時間を早めることで、内臓への負担を減らすことができます。内臓の働きには、血液を身体の隅々まで送る働きがあります。内臓へ負担がかかると、指先・足先への血液の循環が低下します。

ストレッチの効果としては、指先・足先までの血液の循環をよくすることがあげられるため、内臓への負担から効果が減ってしまう恐れがあるのです。

血液の循環がよくなった状態でストレッチを行うと、筋肉も伸びやすく身長を伸ばす方法へとつながります。また、身体に優しいものを軽めに摂取することでも内臓への負担を軽減することができます。

おわりに

ストレッチは、身近で手軽に取り組むことができます。ストレッチの効果について理解を深め、さらに呼吸法や質のよい睡眠、姿勢の改善・食生活の改善を組み合わせることが良いとされます。身長を伸ばす方法としてストレッチはお勧めです。


-身長を伸ばす方法